長崎のデリヘル選びなら【TOP】

みんなのデリヘル体験記

デリヘルでの体験記を集めております。日本各地にはいろいろな風俗がありデリヘルも今や手軽な夜遊びとして進化を遂げています。各地域によって異なるサービスなどご参考ください。

『しらんがな』

俺の生まれ故郷は小さな田舎町で、娯楽と言う娯楽もなく暇を持て余し周辺に住む若者の目標は
共通して「絶対にこの町を出てやる」だったんだ。
しかし、現実はそんなに甘くない訳で、睡眠時間を削り死に物狂いで勉強しまくり都会の大学に行くか、
あてもなくビッグになってやると鞄一つで飛び出すしかなかったのだ。

そんな町にも歓楽街と呼ばれる場所はあるわけで
ソープやデリヘルの事務所、クラブやキャバクラのテナントが入る薄汚れた雑居ビルの路地裏で彼女と出会った。
酔っ払いの吐瀉物とカラスが荒らした生ゴミの残骸が散乱する掃き溜めの見本市さながらな場所にも関わらず、
コロナの瓶を片手にブルーのゴミバケツに腰掛けながら空を見上げ瞳を閉じて鼻歌まじりに揺れる彼女はさながら、
漁師を惑わすセイレーンの様に俺の意識を奪って行った。
ただの酔っ払いのたぐいだと自分に言い聞かせ、彼女の横を通り過ぎる。

刹那あろうことか彼女の方から声をかけて来たのだ。

弁がまじった地元じゃ間違いなく聞かないイントネーションで、ここには空があるやなと屈託のない笑顔で俺にそうと呟いた。
よく見るとまだあどけない顔立ちで、笑うとクシャっとその大きな瞳が鉛筆で引かれた線の様に細くなり
少し開いた淡いピンクの唇から八重歯が一本だけ覗いた。
その脇をデリヘル嬢達が商売道具を詰め込んだ大きなバッグを抱え通り過ぎ、あきらかに主張過多なシャネルの香りが俺の鼻腔を抜けて行いき思わず眉を顰めてしまう。
とたんにさっきまで微笑んでいた彼女の顔が雨を溜めた曇り空のように色褪せて行く。
「ごめんね、いきなり話しかけてビックリした?」と先刻までの訛りは消え、流暢な標準語で話しかけてきた。

答えに困り立ち尽くしていると彼女は持っていたコロナの残りを一気に飲み干し今まで座っていたポリバケツの中に投げ入れた。
ちゃんと分別しろよなと心では思っていたが、わざわざ取り出して捨てに行く義理な
どこのデリヘル事務所にはないのでそのままにし、眼前の酔っ払いに注目していたんだ。
手持無沙汰に両手をパタパタさせながら彼女はこちらに歩み寄り、ポケットに手を突っ込んだままの僕の右腕に彼女の華奢な左腕が絡みつく、
いきなりの事態に言葉を失っている俺を引きずるように彼女は力強く歩を進める。
状況が掴めず浮ついてる気持ちを押さえつけやっとの事で俺は言葉を発した。
「ちょ、待って!意味がまったく解らない」だが、俺の言葉は彼女の理解には遠く及ばず、
いーから、いーからと初対面なはずの俺を引っぱりデリヘル街を抜けて行った。
50メートルも進めば何故か諦めが付き、
この似非標準語の弁女と歩幅を合わせここではない何処かへと向かう。
きっとこれは神様とやらが俺の詰らない人生にプレゼントしてくれた、ちょっとしたサプライズなのかもしれない。

今までに感じた事のない高揚感を覚え、俺は捨てられた空き缶を思い切り蹴飛ばした。
って感じのオプションは可能ですか?
とデリヘルの店員に聞いたら『しらんがな』とガチャ切りされました。

デリヘル体験記トップへ戻る

長崎のデリヘルトップへ戻る

長崎のデリヘル選び【TOP】
皆様の体験記も
およせ下さい。
Your own experiences
Widget is loading comments...

デリヘルサイト専門の紹介サイト【TOP】

デリヘル紹介サイト【TOP】は各地方の紳士淑女の為のデリヘル紹介サイトとなります。
お客様が素敵なデリヘル嬢と幸せな一時を過ごせるよう、巡り合わせのお手伝いを致します。